So-net無料ブログ作成
検索選択

離乳食 再開♪ [5ヶ月]

退院後の花蓮ちゃんは 前にもまして元気いっぱい! 食欲もかなり増進してきて、ここ2日で抱っこするとずっしりと重みがあります。(次の身体測定が楽しみです♪)

5ヶ月になってから少しずつ始めた離乳食、今回の事で少しお休みしていました。(果汁などはあげていましたが)

入院中、母がコンビニでスイカを買ってきて 嬉しそうに花蓮に与えていましたが、反応は。。。。やはりスイカ嫌いの私に似た模様(汗)

スイカ好きな母はがっかりしていましたが、ちょっとそのままではスイカは青臭いかもしれません!

それから会社で梨をいただいたので これをおろし金ですってあげてみました。これは花蓮ちゃん大喜び~(でも最初はミルクで少し割って与えてみました)

入院中はこのくらいしか進めなかったのですが、退院して 以前より食欲が増したのか、母乳を求める回数も増えてきたので、ここは少し予定より早く固形物に挑戦してみようかしら?って気分になり、まず私の常備食の『ふかしカボチャ』を潰して ミルクで割ってスプーンで与えてみました。

で 反応は。。。超ご機嫌♪~  さすが 我が娘、カボチャ大好物みたい~(笑)

因みに わが家のワンコ達もカボチャは大好物でその他イモ類、栗など魚や下手すると肉より喜んで食べてます。

きっと 花蓮ちゃんも芋類すきだろうなぁ~(私に似て・・・) 

とりあえず 今日はカボチャだけにしてみました。母はパン粥とかは?と言ってましたが、パン等の加工品は今はまだ与えたくありません。(普通のお粥ならいいけど・・・)

まぁ 粉ミルク与えといて何なんですけどね。。。

今日は保健センターの方が自宅へ訪問に来た時のお祝いで頂いたすり潰しができるタッパを使用しましたが、どうも上手い具合にペーストにならないので 早速100金で1人用のすり鉢セットを購入してすりすりしてみようと思いま~す♪


やっと退院! [5ヶ月]

お陰様で花蓮ちゃん 昨日無事退院する事ができました。

気が付けば1週間、長いようであっという間でした。

でも花蓮ちゃんにとっては大変な1週間だったと思います。

今回はまさかかかると思っていなかった百日咳にかかってしまって。。。

最初に三種混合の予防接種を接種していなかった事をとても後悔しました。

と、いっても三種混合って全部で3回、下手したら4回も接種しなければいけないので今回はとても間に合いませんでした。

今回の百日咳の免疫はついたものの、残りの2つ(ジフテリア・破傷風)もとっても怖い病気なので三種混合は必ず受けていた方がいいよーと先生にも言われました。 

退院までの流れは、

まず 朝の回診で担当の先生から

「8時頃から検査がありますからね~♪」と言われ

「検査の結果が良ければ退院できますか?」と聞くと、

「えっ! もう退院は間違いないですよー」と。。。

「本当ですか~♪でも 検査後も夕方までは病院に居させて下さい。夕方全て引き取りに来ますから」と、あらかじめお願いしておき、結局夕方まで病院にいました。

そう一言言っておけば 点滴も取れて今日一日病室でゆっくりできるし、私も会社を休まなくて済みます。

そうこうしている内に検査のお迎えが来て、花蓮ちゃん 手を振りながら先生に連れられていきました。

花蓮を見送ってから、会社へ行くため処置室の前を通ると 花蓮ちゃんの小さな泣き声が。。。。(涙)きっと採血が大変でとっても痛くて怖いと思います。

(そばにいてあげられなくて本当にごめんね!)

それから会社に着き、仕事中に母から電話が入り、少し泣きべそかいた花蓮ちゃんとお話しました。仕事中なので軽く

「もしもし、花蓮ちゃん おりこうさんだったね~ 偉かったね~♪」と話すと

「あー あっー!」って花蓮ちゃんなりにお話していました。

お昼休みにまた 授乳のために病院に行くと、点滴がとれて自由の身になった花蓮ちゃんはベッドの中で大はしゃぎ~♪

母に様子を聞いてみると、採血も中々血が取れなくて何箇所も針をさされた事、あと点滴を抜くのに固定してあるテープを思いっきり剥がされ、その勢いで針も取れた事などを聞かされました。まぁ こんな大きな病院、看護士さんの沢山いるし 忙しいのはわかりますが、ちょっと優しくないですよね?

幸い花蓮ちゃんは平気な顔をしていたみたいですが、テープを剥がされた所が真っ赤に腫れあがっていて痛々しかったです。(涙)

でも 本当にこの子は強い子です。両手はテープの剥がした跡で真っ赤々、青痰も数箇所 でも全く平気でニコニコしています。

お昼の授乳は自由になってテンション高めの花蓮ちゃんは全然集中力が無くって殆ど飲まず(笑)ベッドの中でオモチャで遊んでコロコロしてました。

会社を定時にあがって病院へ迎えに行き、やっと自宅へ到着。花蓮ちゃんの事を心配してここ数日様子がおかしかったメス犬のチョコちゃん、花蓮がいないのと、私が帰ってもすぐにまた出たっきり戻らない事に寂しがっていたオス犬のロッソ、みんな テンション上げまくりです♪(笑)

取りあえず、ソファに座り一呼吸。そういえばこの1週間家に帰っても一度もソファに座ってまったりできなかったなぁ~と幸せを実感。

花蓮ちゃんはオッパイ飲んで、少しプレイジムで軽いハイハイなどして遊んで、今日一日テンション高かったので疲れたのか揺ら揺らしている腕の中で眠ってしまいました。

この1週間、とっても大変だったけど 花蓮ちゃんはまたまた成長して プレイジムでも今までとは違う遊びをしたり(今まであまりプレイジムの端々に取り付けてあるToyに興味を示さなかったのに、一個一個時間をかけながら入念に触って遊んでいます。)

あと、困った事にお尻拭きのケースを開けることを覚えてしまったり、ティシュケースに興味を持ったり。。。(そのうちに家中ティシュだらけになる事間違いないです)

 

 

8-8 退院時.jpg

入院中の写真は残したくなかったので撮ってなかったのですが、退院が決まり点滴も取れたので。。。この目はお尻拭きケースを狙ってます(笑)

 


花蓮の経過 [5ヶ月]

花蓮ちゃんの病状は最初の2日ぐらいは夜の咳き込みが酷く、飲んだミルク殆どを嘔吐してしまい、本当に早く入院する事ができて良かったなぁ~と思いました。

咳の仕方も先日の私が風邪だと思っていた時の咳と酷似していて、本当に私がうつしちゃったんだなぁ~と深く反省。。。。

まさか自分が百日咳にかかってしまっていたなんて思いもよらなかった。。。。

私の時も痰がらみのすっごく腹筋を使った咳が止まらなくって、私でさえも吐き出しそうで全然食欲が無かった。。。

花蓮ちゃんの場合は食欲あってミルクも良く飲んでくれるのに飲んでも飲んでも吐いてしまっ。。。。(涙)

病室での花蓮ちゃんは、愚図るでもなく本当におりこうさんにしてくれています。点滴でチューブで繋がっているのでベッドからは出られないけどその中でくるくる・ゴロゴロと元気に動きまわり、いつの間にかハイハイっぽい動きも・・・

1日3回飲む薬も最近使い出したスプーンで飲むのがとっても気に入っていて、薬を白湯で溶かす時につかう小皿を見るともうそれに釘付け。。。(笑)

1人で座っておちゃんこした姿勢やハイハイの姿勢でもスプーンを頬張ってます。いっつもご機嫌でニコニコしてるので定期的廻ってくる看護士さん達にも人気ものでいつもニコニコで愚図らない子という評判を聞いたのか、毎回検診の度に眠っていて見られない~と交替時間にわざわざ病室に来た方もいたとか(笑)

最初のうちは機械で測る酸素の量も90前後だったけど、日に日に95~100近くに上がり喉のゴロゴロもだいぶんと改善されたようです。そして昨日改めて検査の結果を聞いたら”数値的に百日咳に間違いない”との事でした。

何度も先生に聞きましたが、やはり百日咳の初期発見は非常に難しく、生後半年経っていれば そんなに重症になる事はまずないけど、気づくのが遅れて呼吸困難や呼吸が止まってしまうようになってからの治療だと、入院中も酸素ボンベを着けていなければいけなくてベッドに貼り付け状態になってしまうようです。

花蓮の場合はまだ初期から中期の内に百日咳の抗生剤を投与できた事と発熱などが全く無かったので色々な制限が無く、個室で隔離されていましたが普段通りの生活ができて良かったです。

そして昨日の朝の回診でついに

「明日 点滴が終るので、検査して退院できると思います!」とのお話が♪

 まぁ 結果次第だからまだわかりませんが何とかお盆前には自宅に戻れることができそうです。


入院しました③ [5ヶ月]

その日の夜は独りきり。。。

(まぁ ワンコ達はいるのですが・・・)

寂しかった~!!

でも!久々に身体を伸ばしてじっくりと睡眠が摂れました~♪

途中夜中に旦那から電話が入り現状報告、そんなに愚図ることもなくミルクを飲ませても吐いてない様子(一安心)

朝、出勤の途中で病院に様子を見に寄り、(ちょうど 家を会社の中間に病院があるのでその辺は助かりました)花蓮ちゃんは上機嫌で早速母乳を与えて会社へ出勤。そしてお昼休みにまた病院へ行きました。

私が来たので旦那は外へタバコを吸いに出て(病院でタバコが吸えないのがとっても辛いらし・・・)その間授乳。ちょうど母から電話が入ったので片手に携帯持ちながら座って授乳していた体勢が悪かったのか、暫くして急に咳き込み またまたミルクを大量に嘔吐してしましましたー

(またもや ミルクまみれです。)

その後旦那が戻って来て 私の姿を見て唖然とされ、私は急いでミルクまみれの制服を少し洗いそのまま来て会社へ。。。

(本当に暑い日で良かった)

幸い旦那はまだ花蓮ちゃんの噴水嘔吐を目撃したことが無いのですが、あの嘔吐を見たらきっとビックリするだろうなぁ~?

それから仕事が終って急いで家に帰り 掃除&入浴をして旦那と交代。花蓮ちゃんは愚図ることも嘔吐する事も無く、ご機嫌に過ごしていたそう(大半は眠っていたのですが。。。)その反動か夜は全然眠ってくれず、昼間に飲んだミルクを嘔吐し、(本当にミルクって消化が悪いんですね!)結局花蓮ちゃんも咳き込む度に目を覚ましてしまい合計で2時間くらいしか眠れませんでした。。。

病室は個室(一応隔離されてます)で大人のシングルベットより少し大きめのベビーベッドです。そして転落防止の柵が1m位あり、全部柵を上げていると檻の様です。なので私と花蓮ちゃんの二人で寝るには十分だし、花蓮も咳しているとき意外は元気でエネルギーをあり余しているのでベッドの上で遊ぶ事もできます。最近腰がしっかり据わってきたので随分長い間お座りする事もできて、家から持ち込んだオモチャや花蓮ちゃんの大好きな鏡をベッドの柵にくくり付けてお家で遊んでいる時とできるだけ同じ環境にするようにしてあります。

ただ、24時間ずーっつと点滴は外せないので、片手は使えません!普通 大人の場合は刺した針を固定するだけでいいけど、子供の場合添え木(中身は発泡スチロールの板なのですが)で指先から肘まで固定されています。

点滴自体は全然嫌がらずにいますが、長いチューブが気になって引っ張ってみたり噛んでみたり。。。(笑)

お転婆な花蓮ちゃんです。

針とチューブの接続部分を噛み噛みしてしまうので、看護士さんにお願いして包帯で巻いてもらいました。(グルグル巻きで少し可哀相なんですけど。。。)


入院しました② [5ヶ月]

入院から6日目、まだ退院できません!(涙)

1日の朝にかかっていた小児科病院より紹介状を書いてもらってその足で近くの市民病院へ・・・ 

何処の総合病院でもそうですが、ここは全国的にもちょっと名が知れた病院なので、遠方からの患者も多く、新規で外来を看てもらうにも何時間、下手するとその日看てもらうのが不可能な程の所です。

本当は最初からこちらで看てもらうのが一番よかったのですが、考えが甘かったです。。。(反省) 

でも 近辺小児科からの紹介という事で、すんなり診察してもらえる事ができ、希望通り即入院できたので、かえって良かったのかもしれません!後々聞いてみると、初期の百日咳の見極めは本当に難しく、検査しても数値が低いため決めかねるし、数値ではっきりしてからじゃぁ 進行している事が多いようです。だから 最初から見てもらっていても、百日咳いう診断はされなかったかもしれません!

幸い前回 無理無理にお願いして採血した白血球の数値が今回増加している事と、ミルクを嘔吐してしまい体重が減少してしまっている事が決め手になって入院させてくれる事になりました。(普通はもっと進行してから救急で運ばれてくる子が多いらしいです。)

紹介された小児科の部長さんでも

「このくらいの症状なら 普通入院させないんだけど。。。。」

って言うので

「吐き戻しが酷くて栄養が殆ど取れてないので心配なんですけど。。。」

と言ったら、

「林先生(かかっていた小児科の先生)からも その事が書いてあるし、心配なので入院させましょう。」

っと言ってくれて取りあえず”ホッ”としました。 このままの状態では保育園に預けても迷惑がかかるし、家で看ているよりも入院して病院で看ている方が全然安心です。

でも、問題は私の仕事・・・ 

今のタイミングはそんなに忙しくなく こなせているのですが、入院となると2・3日の休みでは済みません!幸い 明日は土曜日で旦那が休日(最近は休日出勤になってますが明日は無理やり休んでもらいます)ですが、月初めに連日休めな~い!って事で またもや助っ人(母親)に頼ってしまいました。。。 

続きを読む


入院しました。① [5ヶ月]

突然ですが、花蓮ちゃん入院しました。

BCGを摂取した翌日の保育園のお迎え時にちょうどミルクを飲ませてもらっていて、飲み終わってから連れ帰ろうとチャイルドシートに乗せた途端 咳をして噴出すような嘔吐をしました。それまで保育士の方から聞いてはいましたが、あんなに激しく嘔吐している姿を見るのははじめてで、急いで抱えあげたのですが、嘔吐し続け、娘共々ミルクまみれに。。。。(鼻からもミルクが出てて可哀想でした)

100cc飲んでいたミルク全部吐き出しスッキリしたのか、咳が止まるといつもの花蓮ちゃんです。すぐご機嫌になっていたけど、先日の身体測定での体重減があったので、ますます心配に。。。

その夜も咳は続き、夜中に咳で目を覚ます回数や咳き込みの長さも少し増えてきた感じです。 でも 嘔吐は酷くなく、タンと一緒に少しからんで出てくる程度でした。

次の日は また病院へ行き日だったので そうそうに仕事を切り上げ保育園に・・・ またもや午前と午後で嘔吐しまくったみたいで 保育士の方が「花蓮ちゃん 今日は全然栄養とれてません!」 そして お着替えの洋服やらタオルやら全てミルクまみれになってました。。。

急いで病院へ向かい駐車場でまず授乳。そして診察の時に火曜日からの経緯を話し、先生が花蓮の口を診察しようと口の中に診察棒を入れた途端 物凄い咳き込みがはじまり、それを見た先生は「この咳の仕方は疑わしいね~」と言うので 「でわ やっぱり百日咳なのですか?」と私が聞いたら「そうだね~」と (だから 月曜日にあれだけ言ったのに・・・)

取りあえず 母乳だとそんなに嘔吐はないけど、ミルクだと飲んだ途端に吐いてしまって 全然栄養が取れなくて体重も減ってしまっている との事を伝えると、先生は「だったら 一日中ミルクじゃなく母乳をあげてなさい!」って・・・(何の解決もなってないじゃん!)

そして 「体重減少と呼吸不全になると困るから 管理してもらえる所へ入院って形もあるけど。。。」言ってきてので、「是非 お願いします!」という事になりました。


やっとBCG接種してきました。 [5ヶ月]

花蓮ちゃんの咳は相変わらず良くなりません!

夜のせっかくすやすや快眠していても急に咳き込みだして酷い時は飲んだミルク吐いちゃったりして・・・・  顔を真っ赤にしてゴホゴホと咳き込んでいるのを見るともう背中をさすってあげるしかなくって。。。(涙)

咳に効くツボを咳しているときにしても逆効果なので抱きかかえて縦にして背中をさすってあげていると私の肩に首をもたげてぐったりしてます。本当に可哀相です。咳き込む時意外は本当に元気なんですけどね!薬も喜んで飲んでくれるし・・・ 

今日はBCGの接種日です。本当は先月だったのですが、手術の関係で予防接種は1ヶ月空けた方がいいと言われてしまったのでこんなに遅い接種になってしまいました。

続きを読む


違う病院へ行って来ました。 [5ヶ月]

昨日 またまた病院に行って来ました。

そこは保育園から家までの丁度中間地くらいの所です。(これでかれこれ3件目)しかし!割と新し目な綺麗な病院にもかかわらず5時半に行った時点で患者がさっぱりいません!(先週の所が凄かったので・・・)

でも 何処の病院に行ってもそうですけど、看護士さんが豊富にいて、初診だと問診表だとか書く事が多くてベビーベッドに寝かせて置くのですが、気が付くと代わる代わる看護士さんがやって来て、自前に体温やら体重やら測ったり、あやしたりしてくれてます。(皆さん子供好きなのですね!)そうこうしているうちに患者さんもちらほら、そうそうに診察室に呼ばれこれまでの経緯を話しました。

私はすでに『百日咳』だと決め付けて先生に話をしていましたが、先生からは”違う”と言われてしまいました。。。。どうも『百日咳』なんかにかかちゃうと、こんな咳所ではないそうです。(ちょうど診察中に咳き込んでくれました)でも、咳き込み出すと本当に苦しそうで、この日も保育園で咳の勢いでミルクを吐いてしまって、保育士さんにもかなり心配されてしまいました。

じゃぁ この症状は何?風邪ですか?と聞いてみると 先生『わからない・・・』 『???・・・』

ええっー わからないって。。。取りあえず様子みするか?念のため検査するか?でも検査には2週間かかりますよ。って言われちゃいました。 ここでまた様子見だけだと先週の繰り返しになってしまうので、検査をお願いしました。

どうも地元の個人病院だと病院間でのつながりがあって下手なことが言えない。。。

検査は喉に棒をつっこんで粘膜から菌を検出するのと血液検査です。明日予防注射するのに今日採血なんて可哀相なんだけど、ちゃんと検査をしないと心配で心配で(先生の言葉も頼りにならないし・・・) 花蓮ちゃん、喉の奥に棒をつっこまれるのをすっごく嫌がりました。(やっぱり手術のトラウマがあるのでしょうか?)

で、採血ですが・・・花蓮ちゃんの腕をまくった看護士さんがまず「うわっ、細っい~!白い~!」でした。1人が花蓮の上に馬乗りになって(体重はかけていませんが)もう1人がゴムを縛って試みるのですが、あまりに細くて白くて全然血管が浮き出ません!(私に似ちゃったのね。。。)私は頭の方へ移動して反対の手を”ぎゅっ”って握って

「花蓮ちゃん ちょこっとチクッとするけど大丈夫だからね~♪」と笑顔で花蓮ちゃんに話しかけていたら、”ニッコニコ”何とご機嫌です♪ それでも やっぱり看護士さん、怖がって先生の手が空くのを待って先生を呼んで来ました。(私も何気に安心しちゃいました)

先生が来て素早くあっという間に針が花蓮ちゃんの可愛いおててに・・・(手首ではなく、手の甲の薬指の血管に刺してました)でも 花蓮ちゃん・・・全然平気です(驚)おまけに私の問いかけに笑ってます(看護士さんたちもビックリです)でも、赤ちゃんの採血って血管が細くて血が中々出てこないから本当に一滴一滴を刺した針から注射器に移すって感じで時間がかかるかかる。せっかくご機嫌の花蓮ちゃんが気が変わって泣き出すのではないかと冷や冷やしました。 

正味3分程かかって8cc採血し、すぐできる検査をしてもらった結果は『微妙・・・』とういう判定。「微妙って????」っと聞いたら、『百日咳』は白血球が増える病気みたいで、15,000~30、000位の値だと疑わしいそうですが、花蓮の場合14,000台だったらしく、潜伏期間を考えるとこの数値は少ないみたいなのです。 ともかく検査はちゃんとした期間に出してしていただけるみたいなので2週間静かに様子を見る事にしました。お薬も抗生物質や何やら色々とブレンドされた物をシロップで混ぜてもらいました。

花蓮は検査の途中、お腹がすいたのか、口寂しくなったのかオッパイを欲しがり、愚図りだすと嫌なので待っている間授乳ケープをしてあげようかと思いましたが、さすがに我慢して、薬をもらった後車の中で授乳したら、すやすやと眠ってしまいました。いつも眠っててもチャイルドシートに乗せるとパッチリするのに今日はそのまますやすや、家までおネンネでした~♪(よっぽど疲れたんだね!)


心配。。。 [5ヶ月]

先日 むせる様な咳込みで小児科へ行って「軽い風邪」と言われた花蓮ちゃん。

処方された薬を飲んでいるのに、気のせいかますます酷くなっているみたい・・・

心配でネットで調べた所『100日風邪』という項目が出てきました。

そういえば・・・と思い起こすと、先月私が風邪を引いている時に双子の一歳児がいる同僚が私の酷い咳を見て、「家の息子達が先月100日咳にかかってたんだけど、それがうつったのかなぁ?」と聞かれたのですが、私の熱もあったし、紛れもなく風邪だったので「違いますよ~」って言ってたんだけど、そうだったのかなぁ??? でも咳込みも1時間に一度位の割合なんだけど( でもオジサンが咳払いの後唸るみたいな咳でとっても痛々しいんです。。。)

今日一応早めに仕事を終らせて病院へ行ってみるつもりだけど、普通の小児科で大丈夫なのかなぁ???

 明日BCG打ちに行かなきゃいけないのに。。。可哀相かなぁ?


まさかの風邪? [5ヶ月]

先日からよくむせる様な咳をたま~にしていた花蓮ちゃん。連休中ずーっと一緒にいたのでとっても気になっていて先日保育園ののお迎え後に小児科へ診察に行きました。

以前の手術した『舌癒着症』の症状の一つに”お乳を飲んでいる時によくむせる!”というのがあったのですが、これには花蓮ちゃんは該当せずにいたのに、今になって何で???という思いもあったし、違う病気喘息・肺炎)とか色々考えちゃって心配でした。

本当なら 普通もっと早くお母さんが気が付くのでしょうけど、その辺がちっとも敏感でない私はおかしいな?と思ってから10日ぐらい経っていました。。。(反省・・・)

連休明けの小児科はすんごい混雑!! 特にその日いった小児科は親子3代明治時代から続いている地元の老舗の病院でとっても評判がいいのでいつも混んでいるのに、その日は外に人が溢れていました。

おまけに並んで待っている場所が悪かったのか、看護士さんに名前を呼ばれて返事して中の待合室にいたにもかかわらず、看護士さんに気づいてもらえてなくって、後回しにされてしまったりして・・・

ちょうどたまたま保育園がご一緒な双子ちゃん達が病院に来ていて、お母様と少しお喋り(園児ママの中で挨拶以外で初お喋りかも~)その双子ちゃん達が病院で顔なじみだったので、お母さんが私が後回しにされているのに気づいて看護士さんに言ってくれてたんです。(感激)

それでも 何とか正味1時間程度の待ちでやっと順番が来ました。先生がまず体重を見て

「混合にしては少ないけど、生まれてから倍近く体重が増えてるから問題ないよ!」と先生に言われてまず”ホッ” 先生に喉をみてもらったら少し腫れているとの事!(どうやら風邪がまだ治りきっていなかったみたい・・・)鼻水が止まったからもうすっかり治ったとばかり思って、休日に色々と連れまわしてしまってまたまた反省。。。

ドリンクタイプのお薬を貰って帰りました。

それにしても 今夏風邪が流行っているみたいで(プールが始まったせいもあるかも?だけど)本当に頭に冷えピタシート貼り付けてた子が多かったです。(ただでさえ暑いのに熱があって本当に可哀相です。)

その日の夜のお風呂の後に早速薬を飲ませました。以前は容器にスポイドがセッティングされていて凄く感動したのですが、今回は初めてスプーンで与えてみました。最初「????」って顔をしていましたが、私が口を「ピチャピチャ」とさせて見せたら花蓮ちゃんもそれを真似したように口を動かし始めました~(私が口に入れるものに凄く興味があるみたいです。)とぉ~っても上手にお薬が飲めたのでまたまた感動~ でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。