So-net無料ブログ作成
検索選択
生後3ヶ月 ブログトップ

あ~あ やっちゃった!反省。 [生後3ヶ月]

先日の風邪が 何気に悪化して、とうとう熱まででちゃいましたー(汗)

喉の痛みが取れたので少し安心していたら、昨日の朝から咳がゴホゴホと止まらなくなっちゃって・・・

以前妊娠9ヶ月の時に少し風邪を引いてしまった事があって、その時は咳だけだったのでほっておいたら、お腹をかばって咳き込んでたせいか背中が筋肉痛になって中々治らずに困ったので、今回は漢方の力を借りてみました。

ネットで調べたら、咳き込むのに効くのは『麦門冬湯』らしいので、早速昼休みに買いに走りました~

それが少しは効いたのか、咳き込む事は少し緩和されましたが、今度は悪寒が・・・

(まずい、ひどくなってるじゃん!)

会社にはあいにく体温計がなく、測れなかったんだけど、多分8度近くあるような感じです。

これは、まずい!と思って、取りあえず仕事は早々に定時で切り上げ、雨が降り出す前に保育園のお迎えをすませ、家に帰りました。

続きを読む


今日から新たに。なのに私が [生後3ヶ月]

昨日 父が母を迎えに来て、3時ごろ浜松へ帰って行きました~

今日から また親子3人です。

ましてや 私が仕事復帰して花蓮も保育園へとの生活なので、きっとしばらくはバタバタの生活になりそう。。。

唯一の救いは 仕事が暇な事。(今だって朝からブログ書いてるし・・・)

なので 今のところ定時近くで仕事が終われる日が多く、助かります。

土曜の朝、花蓮が風邪っぽい~ってあたふたしてたのに、会社帰宅後私が風邪っぽく、喉が腫れてしまって、口の中に口内炎がいくつか。。。

 

続きを読む


ひゃっとしました~ [生後3ヶ月]

最近 毎日熟睡できず、昨夜も深夜2時から起きては寝ての繰り返し・・・

そうじゃなくても、何時間かおきに授乳で寝ぼけながらオッパイをあげているので毎日寝不足状態です。

今朝は、といっても朝4時 何だか寝苦しく目覚めたらリビング和室の間のふすまが閉まっていたので リビングの窓を少し開けて風を通しておきました。

続きを読む


毎朝大変・・・ [生後3ヶ月]

愛娘が保育園に通いはじめて早3日、そのうち2日が朝から大雨という悪天候に見舞われて、毎朝娘が雨に濡れない様に結構大変です。

はまだ軽いけどこれから段々重たくなるだろうし・・・

そこで・・・秘密兵器を調達しちゃいましたー

れは "抱っこ紐”です。

簡易ニンナニンナみたいな 抱っこ&おんぶ紐は 購入済みで主に母が愛用しています。

(私は締め付けられると肩や胸が痛くて痛くて この先も使えそうにありません。。。)

スリングも0ヶ月の時から使える薄手のリング無しのを持ってて使っていました。

でも、この時期だんだん蒸し暑くなるし、スリングに入れていると娘の顔が真っ赤になってます。息も何気に荒いし・・・今思うと 舌癒着症の症状のせいだったんだけど。。。

入院中に娘を見に来てくれた友達が生後6ヶ月の子を抱っこ紐にしてはちょっとお洒落だし、スリングにしてはすっぽり包まれてないのを装着していたので

「それって スリング?じゃないよね?」って聞いたら、

「これ、いいよ~ 軽いし・肩凝らなくて楽だし・安いし!」って薦めてくれたものです。

通販の『フェリシモ』で出ている抱っこ紐でした。

首も据わりはじめた先月頃から探していたんですが、色が茶色とアイボリーの2種類しかないのでヤフオクで色々物色してみました~

スリングもそうでしたが、このタイプの抱っこ紐も結構類似品が出てます。

手作りで作った物を出品してる方が多く、お値段も安いので結局お手製の物を落札しちゃいましたー

(自分で作ればいいんだけどね・・・)

gishi9024-img600x522-1212333946wbbvmn99983.jpg

素材リネンぽっくって少し硬めなんだけど、裏は綿のピンクのドット柄で可愛い

Xの片側にマジックテープが着いてて そこを外して足を入れる形です。

水曜日に来たので、昨日早速試してみました~

もう 超楽チンです。

何せ毎日荷物が多いし、おまけに傘さして車を立駐から出庫だと本当に大変だったので・・・

花蓮も、スリングや今までの抱っこ紐より身体が締め付けられないみたいで大喜び~

でも 私の体が小さいので見た目がちょっと・・・この際そんな事言ってられませんよね!

妊娠中は結構ヒールのある靴を履いていた私。

厚底靴暦がかなり長いので(アムラーとかが流行っていた時から)普通に歩くなら10センチはヒールがないとかえって歩きにくかったりしてました。

でも さすがにお腹にいる時は 余程ひどく転ばなければ(もちろん 一度も転んでいませんが・・・)大事にいたらないけど、抱き抱えている時は絶対に許されません!

娘が歩きだす1年後までは暫く厚底は封印しなければ・・・・

っと なると 本当に履く靴がなくって・・・困ります

みなさん どうされてるんでしょうね~。

因みに さっき言ってた友達は普段からジーンズ&スニーカーで通してた子だし

他の子みんな背が高いので(ってか私が低すぎるんですけど・・・)結構ローヒールのミュールとか履いてます。

厚底の靴に合わせて服とかも着ていたので、どうもアンバランスなんですよね~

はぁ~ 早く歩くようになって欲しいなぁ~


ごめんね~(涙)② [生後3ヶ月]

花蓮がおりこうさんだった事をいい事に、診察のあと家に直帰せず 寄り道をしてしまったら だんだん愚図りだしました。早々に引き上げ、自宅に帰宅。花蓮は愚図り疲れて途中で爆睡。

でも それはこれからの嵐の前の静けさでした。。。。

家に着いたのが7時で、それから10時過ぎまでずーっと愚図り、もう寝そうだなぁ?って思って添い寝体制に入るといきなり

「うわぁ~~ん~」と今まで聞いたことがない様な大きな声で泣き出しオッパイを飲ませようとすると更に泣き。。。。

もう 母と二人でオロオロ

途中 母が「貸しなさい!」って花蓮を連れてあやしだしても全然無理、

私も ついイラだって「貸してっ!」って・・・

二人で取り合ってあやしても 全然駄目・・・

途中 ふと泣き止んで、でもまた私の顔を見ながら泣き出します。

それは明らかに 何かを訴えているようでした。

それは。。。

明日からの保育園に違いありません!

子供って本当に何か感じるんですね。保育園の事、自前に見学にいったりして それとなぁく話してはいたんですけど、

『明日からって』・・・確か 途中で寄った叔母さんの家でちょっと話しただけなのに。。。

その時「こんな 小さいのに 保育園に入れられて~」って母と話していたのを聞いたのか。。。

思えばそれから 愚図り出しました。。。

泣いて 泣いて 鼻水がでるまで泣いて・・・ 

10時過ぎの旦那が帰宅する少し前にやっと泣き疲れて眠ってくれました。

本当に疲れたし、明日からの保育園も心配だし、娘には申し訳ないし・・・・

 本当に駄目なお母さんです。。。。

今夜は お風呂も入れずにとりあえず落ち着いたので 寝かせる事にしました。。。

(明日から 初登園なのに・・・ とほほ・・・)


ごめんね~(涙)① [生後3ヶ月]

今週は、術後の診察、保育園への入園でバタバタしていたのですが、やっと少し落ち着きました。 

6月2日、今日は 術後一週間の診察でした。

午後3時からの診察だった為、2時に仕事を早退して 家に車を乗りつけ 急いで病院へ・・・

家からおよそ車で40分、きっかり5分前に到着。診察は、正規の時間外に行われる為、院内には一緒に手術を受けた赤ちゃん達が・・・

顔なじみになった お母さん達に軽く挨拶して、まず授乳。。。

今回はお父さんが見えていた方がいたので、奥の診察室がある隠れた所でオッパイを飲ませました。

最近、何だか病院でも車の中でも平気で授乳してたので、うっかり待合室で飲ませちゃう所を"あっ!”っと気づいて部屋を出ました。。。(危ない危ない、いきなりオッパイあげ出したらお父さんもビックリしちゃうよねぇ~)

診察前に まず体重測定。花蓮は先週 手術後授乳した時と体重がほとんど変わらず ちょっとショック!!(手術前よりも 明らかに母乳もミルクも増えてるのに何で???)

そして 診察。お口を開いて先生が見た所

先生 「あー 上手にリハビリされてますね~♪ この調子で続けて下さいね~」と

 私 「あの~ 最近よくうなる様になったんですけど。。。」

先生「 そう? 直っていくまでに症状は一進一退するから・・・」

   「一応 風邪かどうか喉を調べてみるね!」

と 一応 その心配はなさそうでした。

でも、家で 母には顔を背けられ、旦那には遠目(近づいて心配そうな顔を見せると花蓮が不安がるから)で恨めしそうな顔で見られても 毎日朝晩 癒着しないように傷口を開いて消毒をしました。。。(涙)

本当に初日は あんまり可哀相で泣きそうになりましたが、手術翌日の先生の言葉を信じて 心を鬼にして 笑顔で傷口をプラスティックの棒で押さえて、消毒薬を塗りました。

日が経つにつれ、私も花蓮が怖がらないようになるコツを覚えて 結構一瞬で リハビリ完了できるようになりました~ (でも やっぱり口に物を入れられるのを嫌がって少し泣き叫びます。。。。トラウマになったらどうしよう・・・)

さて 先生のお墨付きももらい、今日からミトンも外していいと言われたので、早速花蓮は指しゃぶり。手術で緩和されるはずなんですが、やはりすぐには やめられないみたいです。

診察後 またまた 授乳タイム~♪ 今度は一部屋 授乳室を作ってもらい お母さんがたと皆でお話しながらでした。

色々聞いてみると、やはり 泣き叫ぶ子にあんまり強引にリハビリできるお母さんがあんまりいなくて 苦労されてる方が多かったです。でも ここでくじけたら 何のためにこんな思いをさせたかわからないので皆で"頑張ろう~!”って言い合いました。

診察が終わって授乳室で 他の赤ちゃん達は泣いて泣いて・・・ なのに 花蓮はまたまた キョトン・ごくごく・すやすやです。

またまた ご機嫌がいいのをいい事に、帰宅途中にある知り合いの叔母さんの家に内祝いを届けに行ったのがいけなかったのか・・・ 

後につづく・・・


長女と次女?? [生後3ヶ月]

 

わが家の出産前からの問題・・・ それは ワンコ達が赤ちゃんに対してどうするか?でした。。。

家には2匹のロングチワワ(オス レッド・メス チョコレート)がいます。ワンコ達は本当に私にべったりで 私が座れば膝の上を2匹が競って陣取りスヤスヤ。まるでネコみたいです。(身体はネコより小さかったりするし。。。)

特にメス犬のチョコは 私がソファに寝そべるとお腹の上に乗ってきます。(日頃の生活態度が偲ばれますが・・・)これが 妊娠したら辛くて、辛くて

"このまま 赤ちゃんが生まれてもこの状態は絶対良くない ” と思い、この日からワンコ達の至福の時が段々脅かされてきました(笑)

いつも お腹の上で一緒に寝てたのに 急に「駄目よ!!」ってお腹から降ろされはじめ 最初 ワンコ達は戸惑ってました。

妊娠初期からお腹をさすって 「この中に あーちゃんがいて、あなた達はお兄ちゃん・お姉ちゃんになるのよ~♪」って言っても、実際何の事かわからず???って感じだったでしょう~

それでも めげずに言い聞かせてました。すると ワンコ達も次第に膨れる私のお腹→ 家の中の大掃除 → 父母が荷物を持参して訪問 → 母の滞在 等でさすがに 何か感じていたみたいで、心配していた私の入院中時もちゃんと母の言う事を聞いてくれ、退院して赤ちゃんを見せた時も、おりこうさんにしててくれました。

オスの方はやっぱり一番プライドが高く、中々 花蓮のそばには寄って来ませんが、メスのチョコちゃんは 最初からとってもフレンドリー♪(この子も自分が一番っていう性格なんですが・・・)

退院時からそばに寄って花蓮の匂いをクンクン。途中想像妊娠してしまうほど母性本能が強いので、今では 少しソファに花蓮を置いてそばを離れる時に

「チョコちゃん、花蓮ちゃん ちょっと見ておいてね~」って言うと、花蓮が落ちないようにちゃんと防波堤になってるつもりで座ってくれてます。(本当に可愛いです。)

花蓮もチョコちゃんの事は既に認識していて、いつも何か話しかけてて 犬語と赤ちゃん語が炸裂してま~す♪ 

CIMG0756.JPGCIMG1045.JPG

なんか 一生懸命 チョコに向かって話してます。


今日か明日 [生後3ヶ月]

やっと 出産まで到達できたので ここで現実に(笑)

3日かけて やっと無事に生まれてきた わが娘  

早いもので 本日で100日目です~♪

  「ここまで あっという間だったー!」

という話はよく聞きますが、私は

  「やっと 100日かぁ~!」

って感じです。 

私的には 早く歩けるようになって 色んな所に連れ回したい~

特に『動物園』に行きたいのー! 

私達夫婦は 元々 無類の動物好きで、今は家にワンコが2匹ですが、結婚前からお互いに フェレット ・ モモンガ ・ とかげ ・カメ ・タランチュア 等など・・・(笑)一番多い時は これだけの生き物を飼っていたの~ 

↑を見てもらうと 「うわぁー!」って思うかも?だけど 生き物全般が好きで、動物園に行ってもくまなく隅々まで見て廻るので ちょっと暫くはまだ 娘と一緒に という訳にはいかないかな?

 そして娘が授かった記念に何かまた 新しい家族を増やす計画を立ててて、 只今検討中~(まぁ ほぼ決まってるんですが・・・)

で 祝100日と言う事で 本日『お食い初め』です。 今日は頑張って早く帰らないと~  今 母に来てもらっているので 準備はほとんどお任せしてしまってます。 少しでも手伝えるように今日は早く帰らねば

最近の娘の発見 ・・・ 仕事中 母に電話したりすると その時起きている娘は

電話にとっても興味を示す模様で、母が携帯を娘の耳元に当ててやると

電話に顔を向けて 「あーあ、うーうー」言ったり 声を出して笑ったりしてきて

とっても可愛い~  母が私に 「花蓮ちゃん!って呼んであげて!」っていうけど 

仕事中にそんな事はさすがに言えないよー。。。

娘は電話から声が聞こえても聞こえなくてもお構い無しにお話してました~(笑)


初宮参り [生後3ヶ月]

バタバタしていて 昨晩フッと思い出しました~ ひぇ~って感じです。

取りあえず 寝る前に旦那に打診して、(明日は休日出勤しなくていいらしいから ホッ・・・)

母にも言ったら 「ああ~ そうだったっけね!」 と、私に負けないくらいのんびりです。。。

朝 頑張って8時に起床し、一通りの事をして 何とか11時前には家を出発

時間ギリギリだったから 家から近くの男の子のシンボル神社にしようか迷ったけど、頑張って女の子方へ何とか11時半には到着~ 思ったより込んでてビックリしたけど 後から調べたら 5月18日は大安・戌の日でした~ 

皆さんばっちり赤ちゃんと供に正装してて、私達はあまりにカジュアルスタイルだったので かなり浮いてたかも~
(まぁ 娘にはセレモニードレス着せてきましたけど・・・)

よその赤ちゃんは 皆さんまだ0~2ケ月くらいで、首据わってる子なんて 家の子くらい・・・ 皆 小さくて可愛い~♪ と、思っていたら 隣に抱かれてた赤ちゃん(男の子)はまだ1ヶ月くらいなのに 顔がうちの子倍くらいあるビックBABYで 後ろに座ってたおばあちゃんらしき方から 

女の子は小さくて、可愛くて いいねぇ~」

としみじみいわれちゃいました。 でも 本当に立派な赤ちゃんで、将来楽しみ~な感じです。(ご祈祷中 目覚めて 泣いちゃってた泣き声もダイナミックでした。。。)

家の娘は ご祈祷はじめる 太鼓の音がとっても大きかったので ビックリするかなぁ?と思ったけど、へっちゃらで もう 横抱きは眠っている時意外は嫌がるので ずーっと私の膝上に座ったり、疲れてくると立ち上がっちゃって後ろを向いて また愛想振りまいてました(笑) 

ビックBabyと反対側に これまた まだ1ヶ月くらいの可愛い女の赤ちゃんがいて、そのこ子の方をジーッと見てました。

今までも病院等で 他の赤ちゃんに遭遇しても まだよく分かってなかったみたいだったのに、こんな少しの間に もう 色々な事に興味を持ち出したみたいな事を発見できて 面白かったなぁ~

ご祈祷は 「今日は、大勢の方がいらっしゃっているので 簡略に致します。」 と言われて
実質15分程度で終わりました。

終わってから お参りして 写真を一応撮って 早々と帰宅。 後日 アリスで写真を撮る予定だったから 今回はほんと簡略で写真も2枚しか撮らなかったよ~(ごめんね!)

CIMG0650.JPGCIMG1118-1.JPG

↑退院時の時は完全に着られていたセレモニードレス。。。 3ヶ月後はちょうどピッタリになりました~(でも計2回しか着用せず。。。)

あまりに カジュアル過ぎて私と夫は少し浮いてました~ 

 



あとは 22日の『お食い初め』 を無事終わらせたら 何とかひと段落かなぁ~ 


今日は 記念日です♪ [生後3ヶ月]


今日は 五月晴れで とっても気持ちの良い日ですね~(私は仕事してますが。。。)

今日は何の記念日かというと、一年前の今日の移植で娘を無事の授かることが出来たんです。(*^_^*)
(ちなみに受精したのは 3月14日です。)

不妊治療は 大変&辛かったですが、 細かいと事を常に記録してあるので、ものぐさな私にとっては 色々思い返す時に 記憶が曖昧にならないですむとこをが良い事かなぁ?(笑)

体外受精で移植って事になると 採れた卵 → 受精卵 → 細胞分裂の経過(ビデオに録って見せてくれる) → 移植する瞬間(この時先生が 「○○さ~ん 今から 入りますよ~」と、先生2人、看護士2~3人の前で手術台の上でモニターを見るのでかなり恥ずかしいです。)

普通に妊娠してたら・・・ (それに越したことはないのですが。。。)中々 そういった 場面を見られない訳だし 普通の正常妊娠なら初診後は1ヶ月くらい 検診がないから 毎週モニターで成長していく姿を見れるのは良かったなぁ~と思います。

無事に陽性反応が出てからも 週に2度の注射・診察を10週迄受け、もちろん 薬も毎日大量に飲みました。(体外受精でも 特に 凍結卵移植の場合はアフターケアが大変みたいです)

週何回かの病院通いも その当時すでに つわりらしきものが始まっていた私には 仕事後の通院は辛く、幸い当時 自宅で仕事をしていた旦那に毎回付き添って行ってもらえたのも幸いでした。

会社には さすがに 安定期にならないと 報告できず、つわり(トイレでのゲェーゲェーはなかったんですが・・・)で気持ち悪い時は階下にある工場に行くふりをして 会社のまわりを一回りして 外の空気を吸いにいったりして 気を紛らわせていました。

特に何のトラブルも無く 無事10週目まで過ごし、不妊治療院を卒業できたのは6月28日でした。

出産院は近くの3つの病院から 一番自宅に近く、綺麗で評判の良い (特にリピートや2人目出産ママ多いらしい)所を選びました。

この病院には 副院長がブラジルの方で、看護士にもブラジルの方が見えるので、外国の方、日系2世の方などが沢山診察に見えていました。(噂には聞いていたけど 私の場合仕事が終わって 夜診察が多かったので 特にほとんどの方がそうでした。)

院長先生は 少しおじいちゃん(後々聞いたら まだ高校生のお子さんがいるみたいなので お若かったかも?) 少し声が小さいけど とっても 優しい感じの方なので 安心しました。

ここでの診察で 初めて内診モニターではなく、お腹にジェルを塗ってぐりぐり見るエコーで赤ちゃんを見ることができました。(毎回のビデオ撮影あり)

まだ 赤ちゃんは本当に小さくて。。。。(感動) なのに 旦那は先生に

「性別はまだ わかりませんか?」なんて 聞くもんだから 呆れました。(笑)

この時から 診察が1ヶ月に1度になりました。(少し 心配&寂しい になりました)


生後3ヶ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。